家具新聞掲載「一品一様」で世界市場へ レクトラ・ジャパン 田中昭彦社長に聞く

家具新聞インタビュー
「一品一様」で世界市場へ
レクトラ・ジャパン 田中昭彦社長に聞く

2018年07月04日

日本の家具業界は「インダストリー4.0」にどう対応すればよいのか、レクトラ・ジャパン社長、田中昭彦が家具新聞社のインタビューにこたえました。

レクトラ・ジャパン社長の田中昭彦が、家具業界が世界市場に向かうために、インダストリー4.0にどう対応すればよいのか、家具新聞社のインタビューで語っています。記事をダウンロードしてご覧ください。

レクトラについて
ファッション・アパレル、自動車内装、家具、その他の業界の企業に対し、レクトラは業界のデジタル化をサポートするプレミアムなテクノロジーを提供しています。レクトラのサービスはブランド、そして製造業のお客様のデザインから生産までをカバーし、信頼と安心をお届けします。1973年に設立されたレクトラは、現在、世界に32の支社を設け、100か国以上のお客様にサービスを提供しています。2017年のレクトラの従業員数は1,650名以上、売り上げは3億1,300万ドルでした。レクトラはユーロネクスト(LSS)に上場しています。
詳細については、www.lectra.co.jp(日本語)もしくはwww.lectra.com(英語)をご確認ください。

この資料に関するお問い合わせ先:
レクトラ・ジャパン株式会社 マーケティング部
担当:山本
Tel:06-4964-1251
Email:m.jp@lectra.com