iSi Automotiveがタイ工場にレクトラのレーザー・エアバッグ裁断ソリューション、FT6Kを導入

iSi Automotiveがタイ工場にレクトラのレーザー・エアバッグ裁断ソリューション、FT6Kを導入

2018年11月20日

iSi Automotiveがタイ工場にレクトラのレーザー・エアバッグ裁断ソリューション、FT6Kを導入

2018年11月20日、パリ – ファブリックおよび皮革を扱う企業の技術パートナーであるレクトラは、クラス最高性能のFocusQuantum® FT6Kで、着実に成長するiSi Automotiveのエアバッグ事業をサポートします。
イノベーションに取り組むiSi Automotiveは、先進的な車両安全装置のモジュール型エアバッグシステム、特許取得済のエアバッグインフレータ技術などを開発しています。オーストリアに本社を置くiSi Automotiveは世界中に顧客を抱え、タイとメキシコの2工場で最高クラスの品質基準を満たすエアバッグクッションを製造しています。新興市場でエアバッグ装備が義務付けられ、他の地域でも新規採用が増え、成長が加速する中、エアバッグは世界中の顧客からの需要増加に直面しており、同社は製造能力を強化する必要がありました。
iSi Automotiveは2011年よりレクトラと取引をしている顧客で、タイ東部のチョンブリー県にある同社の工場ではすでに2台のFocus Airbag裁断機が稼働しています。同社は、裁断室を次のステージに引き上げるため、レーザーエアバッグ裁断装置の稼働台数の拡大を模索していました。
ボルドー県のセスタスにあるレクトラの国際先進技術およびカンファレンスセンター(IATC)でベンチマーク試験を行った結果、レクトラのエアバッグ裁断縫製ソリューションのFocusQuantum FT6Kは、同社の裁断プロセスを改善し、高い生産性を提供する可能性が示されました。そしてソリューションが持つ強力な自動ネスティング技術およびパーツ間隔ゼロの高精度な裁断技術により、材料を節約できることが確認されました。iSi Automotiveが所有するFocusエアバッグ裁断機と比較して、レクトラの次世代エアバッグソリューションは総所有コストの面でより有利なことが分かり、それが導入決定の決め手となりました。
近年、東南アジアはエアバッグ基布の製造拠点となっています。iSi AutomotiveはFocusQuantum FT6Kを導入したことで、タイ工場では需要増加に対応できる体制となりました。レクトラは東南アジア地域にも拠点を置き、同地域のお客様に強力なグローバルサポートを提供しています。
「これまでもレクトラのソリューションを使用しており、今回最新の平織用レーザーエアバッグ裁断技術を導入するにあたり、同社を頼ったのは当然の成り行きでした」と、iSi AutomotiveのCEOのディートマー・シェーファー氏は述べています。「現在稼働中のFocusQuantum FT6Kを活用することで、私たちは将来のさらなる需要増加にも対応できると確信しています」
レクトラのオートモーティブセールス、シニア・ヴァイスプレジデントのハビエル・ガルシアは、「レクトラとiSi Automotiveは、卓越性に対する共通のビジョンの下、長期にわたり関係を築いてきました。レクトラは東南アジアにエキスパートサポートチームを抱えており、タイにおける品質と性能に対する顧客からの厳しい要件を満たし、同地域での製造における高い成長戦略のサポートを行っています」と述べています。

レクトラについて
ファッション・アパレル、自動車内装、家具、その他の業界の企業に対し、レクトラは業界のデジタル化をサポートす るプレミアムなテクノロジーを提供しています。レクトラのサービスはブランド、そして製造業のお客様のデザインか ら生産までのすべてのプロセスに対応し、信頼と安心をお届けしています。1973 年に設立されたレクトラは、現在、世 界に 32 の支社を設け、100 か国以上のお客様にサービスを提供しています。2017 年のレクトラの従業員数は約 1,700 名、売り上げは 3 億 1,300 万ドルでした。レクトラはユーロネクスト(LSS)に上場しています。 詳細については、www.lectra.co.jp (日本語)もしくは www.lectra.com (英語)をご確認下さい。

この資料に関するお問い合わせ先:
レクトラ・ジャパン株式会社 マーケティング部
担当 山本
Tel: 06-4964-1251
Email: m.jp@lectra.com